teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


これからもよろしくお願いします

 投稿者:彦爺  投稿日:2011年 1月11日(火)09時29分47秒
  ご無沙汰しています。
体調は良いのですが結果的には「百日紅」を引退しました。
しばらくのんびりし、暖かくなったら何か暇つぶしができることを
見つけたいと考えています。
twitterでフォローさせていただきましたのでたまにはつぶやいてください(現役そば屋さんもたくさんいます)

http://sobasarusuberi.com/

 
 

寂しいですね

 投稿者:蕎麦工房 一休メール  投稿日:2011年 1月10日(月)23時45分33秒
  6年半程前になりますが、江戸東京の学校で岩崎さんに紹介され出会い、少ししか会話ができませんでしたが、HPでずーと拝読しており、目標の一人として私も頑張ってきました。
昨年は岩崎さんも、閉店され何か目標、頼りにしている人が次ぎ次と・・・寂しいくなります。でも健康上のことや色々な事情が重なることがきっとあったんでしょうね。
暫く休養され、今後もまた蕎麦にかかわりのある事を続けていて貰いたいと願います。
 

行田のお客様、ありがとうございました

 投稿者:彦爺  投稿日:2011年 1月 4日(火)12時20分19秒
編集済
  長い間、遠い距離にも関わらずご来店ありがとうございました。
開店以来、あっいう間の6年でしたが、皆様のご支援で楽しく営業する事が出来感謝しています。
2月からはは新生百日紅として営業が始まります。
是非ご来店頂き新店主へ叱咤激励をお願いいたします。
ありがとうございましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ
 

ご苦労様でした。

 投稿者:行田へ引越しした客メール  投稿日:2011年 1月 4日(火)09時19分58秒
  お蕎麦、そばつゆ、お店の雰囲気、全てが大好きでした。本音は、とてもとても残念です。
夫が美味しいお蕎麦やを知らないので、当時、蕎麦や巡りし、百日紅さんを見つけてからは、店探しをやめてしまいました。また、行ける・・が、もう行けないんですねー。年越しは絶対、百日紅さん・・とHPで年末確認・・、店主交代の文字を見つけ・・ただただびっくりです。ご主人様のお人柄、奥様の手作りレイアウト・・・とても素敵なお店でした。

本当にお疲れ様でした。


 

おやじ様ありがとうございました

 投稿者:彦爺  投稿日:2011年 1月 3日(月)06時46分4秒
  確かにいろんな事がありました。
脱サラそばの会の皆様の知恵を拝借したり、いろんな方のご厚意に甘えたり・・・。
一年一年の移り変わりが、早かったです。
おかげさまで、第二の人生?今後の人生を楽しく過ごせそうです。

ありがとうございました。

http://sobasarusuberi.com/

 

ご苦労様でした

 投稿者:おやじメール  投稿日:2011年 1月 2日(日)07時31分25秒
  過ぎてみればあっという間の出来事かもしれませんが
実に様々な事が積み重なった歴史だったように感じます。
蕎麦に対しての真摯な向き合い方には頭が下がります。
商売としてのそば屋は後継者にお願いするとして、
これからもお仲間としてよろしくお付き合いください。
またお蕎麦関係の仕事でお会いできることを楽しみに
お待ちしております。
 

そば遊歩さんへ

 投稿者:彦爺  投稿日:2011年 1月 2日(日)07時22分9秒
  根岸様 コメントありがとうございました。
サラリーマン時代には感じる事が少なかった事が、自営業で多々経験させていただきました。
具体的な事としては別にして、有形無形のご支援をいろんな方々からいただきました。又、目に見えない「ご縁」十分すぎるほど感じています。

根岸さんご夫婦が熊谷市の桜井様と一緒にご来店いただいた時のことも鮮明によみがえります。その後、何度かご来店いただいた後、現在のお店の運営に入り、着々と目標に向かい実績を積み重ねていることは自分たちにとっても良い刺激でした。

自分がそば屋営業ができたのは、インターネットが活用できる環境があったからと思います。
インターネットそばの会の皆様の書き込みを参考にさせていただいたり、石碾屋さんや大野さんのアドバイスをいただいたりで、怖い物知らず素人からそば屋に入り込むことができたと考えています。
暖かくなるまでのんびり生活をと、決めましたが、貧乏性でじっとしていることのできない性格なので何か暇つぶしができることを見つけたいと考えています。

今後とも今まで同様のおつきあいをさせていただきたくお願いいたします。

追:2月のアドマチック天国見ることを、楽しみにしています。

http://sobasarusuberi.com/

 

黒森庵さんありがとうございました

 投稿者:彦爺  投稿日:2011年 1月 2日(日)06時55分17秒
編集済
  黒森庵さんの事はtwitterで知り、ブログを読ませていただいていました。
自分も昨年5月に大腸癌の手術を受けました。手術後の体調も非常に良く、7月から店も再開し、現時点では転移や再発はありません。ただ、再発防止の術後の化学療法の薬の副作用が「手と足の荒れ」あり、寒い時期を乗り越えるためにどうしたら良いか?を考えた結果現業の引退となりました。
結果としては手の荒れも「そば屋は水を使う」ので乾燥して皮が剥けることも少なくてすみました。
先日お伺いする機会に恵まれ、はじめて「洋風?そば」を認識することができました。赤もりをいただきましたが、次回は白もりを是非いただきたいと心を弾ませています。
年末に姪のの旦那様(オーストラリア人)がはじめてそば打ち体験しました。彼たちにもそばのメニューの多様化を教えてあげたいと考えています。
このご縁を機会にこれからもご指導ご鞭撻をお願いいたします。

http://sobasarusuberi.com/

 

(無題)

 投稿者:そば遊歩メール  投稿日:2011年 1月 1日(土)20時02分20秒
  ご苦労様でした。
開業以来目標としていた細野さんのご決断に触れて
寂しい気持ちで一杯ではありますが、
蕎麦に関連した新しい目標に向かって邁進されることを
心より期待しております。
年内にもう一度伺いたかったのですが、とうとう叶いませんでした。
開業前に伺った時のことを昨日のことのように覚えております。
故江幡さんにご紹介頂いたり、本当にお世話になりました。
一番影響を受けた蕎麦屋さんの一人が細野さんです。
本当にありがとうございました。
そして、何時の日かまた復活されることを心待ちしております。
 
 

ごくろうさまでした

 投稿者:黒森庵  投稿日:2011年 1月 1日(土)19時30分19秒
  過日は、拙店にお越しいただきありがとうございました。
百日紅ご店主の笑顔が、素晴しく、忘れられません。
握手させていただいた、手のぬくもりに巨大な愛情を感じました。

カウントダウン、毎日twitterで拝見していました。

いつ行けるか、いつ行けるか、と
チャンスを伺っているうちに、
日に日に忙しくなってゆき、
とうとうお伺いできずに年を越してしまいました。

ぼくにとっては「まぼろし」のそばになってしまいましたが、
Yukaさんのブログで、その「勇姿」を拝見いたしました。

心底、Yukaさんがうらやましい。

百日紅さんのご健勝、そして、
ますますのご繁栄を、
心からお祈り申し上げます。

おつかれさまでした。

そして、

ごくろうさまでした。
 

レンタル掲示板
/28