teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


来年の大河ドラマは西郷隆盛

 投稿者:紫電  投稿日:2017年 2月25日(土)09時43分39秒
   来年の大河ドラマは西郷隆盛と聞いて驚いています。 篤姫から早くも10年ですかあ。

 鹿児島は大河ドラマで上手いこと儲けている印象があります。

 僕もしっかり鹿児島の温泉を巡りたいです。
 
 

詩音の誕生日

 投稿者:紫電  投稿日:2017年 2月 3日(金)00時01分51秒
   詩音 誕生日おめでとう。  

鹿島VSレアル

 投稿者:紫電  投稿日:2016年12月18日(日)22時24分57秒
   負けた試合で満足してはいけないとはいえ、レアル相手に数分間勝ち越すとか、やっぱりすごいと思います。

 想定していたのは90分の戦いで、延長戦を含めた120分の戦いは多分想定外だったろうなと思います。

 連勝街道まっしぐらのレアルと、2対2で延長に突入するかもしれないなんて、試合前に誰が予想できたでしょうか。
 

彩花の誕生日

 投稿者:紫電  投稿日:2016年12月 7日(水)23時36分55秒
   彩花、誕生日おめでとう。

 温泉のスタンプラリーは、今は24個集めています。 去年書き込んだ予定よりは遅れています。

◆龍師の翼

 韓信登場。 『項羽と劉邦』の漫画は面白いです。

◆天のプラタナス

 展開が遅かったり早かったりして、今は早い感じがします。

◆ドリームス

 もうすぐ終わりそうな気がします
 

来年の目標

 投稿者:紫電  投稿日:2015年12月22日(火)23時25分54秒
   温泉好きが選んだ九州八十八湯めぐりというスタンプラリーがあります。
 141の施設から、締めの別府竹瓦温泉以外の87個を、沖縄以外の各県ごと最低ひとつ入っていれば、好きな順にめぐってOKです。 半年で制覇を目指します。

 副業ライティングで収入を得て、いつでも会社を辞められるようにしておきます。
 

陸奥静流さんがめちゃくちゃかわいい

 投稿者:紫電  投稿日:2015年11月 8日(日)22時18分14秒
   陸奥静流さんがめちゃくちゃかわいいと思います。

 陸奥静流さんを描くために、川原先生は漫画を描き続けて来られたように感じました。


 世代で考えると、天兵の次が真玄になるのでしょうね。

 これまでの作品では、どんな鬼がいても陸奥が退治してしまいましたが、陸奥真玄は前田よりあきらかに弱いので、この時代には誰も前田を止められません。 その辺りも、今回の『修羅の刻』の魅力に感じます。
 

長崎県によく旅行に行っています

 投稿者:紫電  投稿日:2015年 8月 7日(金)22時05分4秒
   貯金ができなくて、仕事を辞めた後の生計の立て方も決まらなくて、それでも毎週旅行に出かけていたら、何だかわりと世界が広がってきたような気がします。 家で考えるより行動してみる。 寺山修司の言っていたことは当てになると思いました。

 一泊二日で島根県の津和野に行ってきたり、日帰りで平戸や諫早や別府に行ったりしていると、地図を見てここの区間の主要時間はこれくらいだから、というのが分かってきて楽しいです。 『実際の距離は短くならない。 だけど、心理的には短く感じられるようになる』と、思います。

 ちらほら読んだハウツー本で、『ネガティブなことを口にし続けない。 (適宜、負の感情をまとめて書き出して発散するのは可) より大きな目標を立てることで、その過程の目標が自然に叶っているようにすること』とかを学びました。

 学校教育としては推奨できないでしょうけれども、まだ使えても、何かしらのケチがついた私物をガンガン捨てて、新しい服や道具で身を包むのは、ビジネス書的な気分に近づけた感じがします。

 海堂のマニュアル野球みたいに、もともとの自分のよさを殺して型にはまるような側面もあるにはある気がしています。

 少しの虚飾もない心からの気持ちとして、年収400万円で毎月10万円をオタク趣味に費やすよりも、年収1000万円で毎月30万円をオタク趣味に費やす人間になりたいです。

 長崎県の小値賀町(おじかちょう)という五島の北にある離島は、合併せずに独自の工夫で観光客を呼び込んでいるそうですので、そこに行けばまた新しい世界が見られそうです。

 九州本島なら大体どこでも行けるようになったので、次は離島というのは自然なステップと言えそうです。 
 

桜から新緑へ

 投稿者:紫電  投稿日:2015年 4月 8日(水)00時57分4秒
   桜があっという間に散ってしまいました。「5時起きならば、理論上は仕事前の朝に一人で花見ができる」と思い定めましたが、実行できたのは1日だけでした。

◆月刊マガジンの感想

○修羅の門

 海堂がラスボスかもしれませんね。 この戦いが高レベルであってくれて嬉しいです。

 ケンシン戦と子牙戦に続いて海堂戦でも死門。 陸奥に勝つには、死門さえも制するしかありませんね。

 自然石を活用したりして、陸奥を完全に締め上げた前田ケンシンには、勝ってほしかったです。 今は海堂に期待します。

○天のプラタナス

 今やってる試合は好きです。 やろうと思えば真似できるような内容を漫画で扱ってくれる方が楽しいですね。 人間離れしない方が、このコンビの漫画は面白いです。

 相手チームの柱がキャッチャーなのも面白いです。ピッチャーが柱だったり、内野手の4番が柱だったりが多いですから。



 
 

松山に行きたくなりました

 投稿者:紫電  投稿日:2015年 1月26日(月)02時55分34秒
  ◆『おへんろ』で松山が紹介されて

 熊本城は繁華街にぐるりと囲まれているわけではないのに、松山城は囲まれているので、そこがうらやましいと思いました。 また、市内の温泉の有無でも松山には一歩譲りますね。 県内全域で見れば、熊本は温泉県なのですが、合併して広くなったにも関わらず、熊本市内と温泉は、そこまで密接ではありません。

 また、みかんの売り方の上手さも見習いたいと思いました。 ついでに、去年のみかんの収穫量の県別ランキングを検索したので、紹介しておきます。

2014年都道府県別みかん収穫量ランキング

1位 和歌山県 168900トン
2位  愛媛県 137800トン
3位  静岡県 121800トン
4位  熊本県  91600トン
5位  長崎県  60900トン
6位  佐賀県  53000トン
7位  広島県  42300トン
8位  愛知県  28200トン
9位  福岡県  26500トン
10位神奈川県  24600トン

 和歌山では、蛇口からみかんジュースが出てくるとは言われないはずです。そのエピソードをマーケティングとして受け取るなら、和歌山だって有名ですけど、愛媛の方がみかんが生活に密着していると言えるのではないでしょうか。

 ランキングを始めて見ましたが、海岸線が長い温暖な県の方が有利みたいですね。 福岡や佐賀はあるのに、鹿児島や宮崎が出てこないのは意外な気がします。
 神奈川は静岡と隣接してはいますが、これほど多いとは驚きました。 箱根駅伝の時にみかん畑って映りましたっけねえ。三浦半島にはみかん畑が多いのでしょうか。
 愛知にも半島が多いですよね。
 広島は瀬戸内の島々や瀬戸内海沿岸がありますからね。 また、広島はりんごでも12位でした。 ひとつの県で、みかんとりんごの両方を栽培できるのは、広島県がほとんど唯一と言ってもいいんじゃないでしょうか。 このことは、広島県内は地域ごとの寒暖の差が大きいという特色を、よく表しているように感じました。
 

今月の月刊マガジンを読んで

 投稿者:紫電  投稿日:2015年 1月 7日(水)22時24分41秒
   高校野球の名監督たちの話が載っている本を以前読みました。

 その中で、印象に残った教えをふと思い出したので書き留めておきます。

「キャッチャーは、前の回の最後の一球と、次の回の初級はつながっているものとして投球の組み立てを考えろ」と。

 間に投球練習を挟むわけですから、投球動作そのもののことは言ってないですよね。
 だけど、言われてみれば、球数というのは試合で投げた投球の数を数えるわけですから、球数の数え方で言うと、確かにそこはつながっていますね。

 深いところまで考えるものだと感心しました。

★今月の月刊マガジンを読んで

◆修羅の門 弐

 『ふでかげ』と『修羅の門』の2つが続いていると、川原先生がお話を考える力が二分されたような印象を受けていました。
 『ふでかげ』は、『海皇記』に比べると予定調和に感じられて、深くのめり込めませんでした。絵の方は、川原先生本人でなくとも、そこまで不満には感じませんでした。

 その『ふでかげ』が終わり、『修羅の門』一本に連載が絞られました。

 そして、いよいよ海堂晃VS片山右京の戦いが近いことを彷彿させる内容でした。

 陸奥の戦いなら陸奥が勝つことはわかりきっているという観点で見ると、上記の試合は楽しみで仕方ありません。 『はじめの一歩』における間柴VS沢村の戦い以来の期待感です。伏線による盛り上げ方でいれば、その比ではありません。

 どっちを応援するかと言われたら、海堂晃一択です。 海堂晃の陸奥との戦いは、川原先生の絵が今の形に定まる以前に描かれたものだと考えています。 あの海堂晃がどれだけ強くなったのかを考えると、それはそのまま、川原先生の表現力の向上も比べられるような気がします。

◆鉄拳チンミ

 チンミが人質にとられましたね。 チンミが生贄の儀式で善戦して、決着が着いた頃に軍や大琳寺がなだれ込むんでしょうね。

◆天のプラタナス

 今度はおじいちゃんの監督が相手です。
 それと、相手チームの柱がキャッチャーなのも面白いです。

 天プラを3年間で描くなら、ここで浜鹿が負けた方が自然なくらいの流れだと思います。
 『ドリームス』以降は、負けてからの再出発は描かれていないので、今回も描かれないでしょうけどね。
 

レンタル掲示板
/53